遺産分割協議

遺産分割協議

冨永司法書士

亡くなった人(=被相続人)が遺言書を残していない場合で、相続人が複数いるときは、相続財産(不動産・自動車・株式など)全てを、相続人が法定相続分で共有することになります。
ですが、共有のままですと、個々の財産を使ったり売ったりする際に、その都度、他の相続人の同意や承諾を得なければならず、大変不便です
ですから、誰がどの財産を相続するのか、相続人全員の話合いで決めることができます。これが遺産分割協議です。

どのように遺産分割をしたらいいのか、会話方式で解説します!

遺産分割協議(ケース別)

遺産分割協議(その他)