遺言書

相続の基礎知識

もめてほしくない【遺言書】

Bさん夫婦

そろそろ終活をしようと思っています。
私たちには、それなりに財産があるのですが、心配事があるんです。

どのようなことですか?

司法書士
Bさん夫婦

息子が3人いるのですが、仲が悪いんです。
私たちの死後、相続争いになることは避けたいのですが、どうすればよいのでしょうか?

遺言書」を残すことをお勧めします。
相続争いを防ぐには、遺言書作成が1番効果的ですよ。

司法書士
Bさん夫婦

でも、何だか難しそうで…
もし、間違って作ってしまったらと思うとなかなか進まなくてねえ。

確かに、厳格なルールを守らないと無効になってしまいます。
それに内容面をよく練って作らなければ、遺言書があることで、かえって争いやトラブルを巻き起こすこともあります。
特に財産や相続人が多い場合には、法的知識必要ですし、税金面も考えて作らなければならないので、遺言書作りは、なかなかにハードルが高いものではあります。

司法書士
Bさん夫婦

作るのは、もう少し先でもいいか。

後回しは禁物ですよ。
遺言書作りはお元気なうちにやるべきなんです。
もし、仮に認知症になってしまうと、遺言書作りはできなくなってしまいます。
そのほか、相続対策も何もできなくなってしまいます。
遺言書作りも私がサポートできますので、ご安心くださいね。
税金面の考慮は、提携の税理士とタッグを組んで行っていきます。
≫≫遺言書の詳細はコチラ

司法書士

-相続の基礎知識