相続分

相続の基礎知識

どれだけ相続できる?【相続分】

Eさん

父が亡くなり、母と私と弟が相続人になったのですが、私はどのくらい相続できるのですか?

相続できる割合のことを「相続分」というのですが、相続分がどうなるかは遺言書があるかどうかで変わってきます。
被相続人が遺言書で指定していれば、それが優先します。
お父様は遺言書を残していらっしゃいましたか?

司法書士
Eさん

いいえ。遺言書はありませんでした。

遺言書がなければ、民法で定められた割合(=法定相続分)で相続することになります。
法定相続分は、相続人の組み合わせによって異なります。

司法書士

子と配偶者のケース
  配偶者 → 1/2
  子   → 1/2
   ※子が複数いる場合には、1/2をさらに均等に分けます。

直系尊属と配偶者のケース
  配偶者  → 2/3
  直系尊属 → 1/3
   ※直系尊属が複数いる場合には、1/3をさらに均等に分けます。

配偶者と兄弟姉妹のケース
  配偶者  → 3/4
  兄弟姉妹 → 1/4
   ※兄弟姉妹が複数いる場合には、1/4を、原則として、さらに均等に分けます。
   ※ただし、被相続人と父母双方が同じ兄弟姉妹(=全血)と、父母の一方のみが同じ兄弟姉妹(=半血)が共同相続人となる場合には、相続分の割合が全血兄弟姉妹:半血兄弟姉妹=2:1となります。

Eさん

そうすると、私の場合、母が1/2、私と弟は1/4ずつということですね。

-相続の基礎知識