甥姪

相続の基礎知識

甥・姪が相続人になる!?

Cさん

私には子供がおりませんので、もし私に相続があったときには、妻と、私の兄弟が相続人になると思うのですが、
一番上の兄がもうすでに亡くなっております。
この場合は、法定相続人はどうなるのですか?

お兄様にはお子様がいらっしゃいますか?

司法書士
Cさん

ああ、二人子供がいますね。
男女一人ずついたかな。
兄とはあまり関わり合いを持たなかったから、彼らが小さい頃に数回会ったきりだけど。

この場合、「代襲相続」が起こります。
つまり、Cさんにとっての甥・姪が、Cさんの相続における代襲相続人になります。

司法書士
Cさん

そうか。
仮にもし、二番目の兄も、私より先に死亡したならば、その子たちが代襲相続することになるということだね。
どんどん相続人が増えていくことになるな…

そうなんです。

司法書士
Cさん

では、甥・姪も、私より先に死亡した場合はどうなるのですか?
人生、何があるか分かりませんので、そういうことだってありますよね。

この場合、甥・姪のお子さんが代襲相続するということはありません
もし、法定相続人が第1順位の「子」というケースであれば、「再代襲」が起こるのですが、
第3順位の「兄弟姉妹」というケースですと、「再代襲」はないのです。

司法書士
Cさん

ほう。
相続人が増えなくて済むのですね。

はい。
もし、「兄弟姉妹」というケースで「再代襲」を認めると、際限がなくなってしまいますからね。

司法書士
Cさん

それなら安心だ。

いやいや、安心してはいけません。
一般論ですが、代襲相続人がいるというだけで、遺産分割協議がまとまりにくくなるものです。
疎遠だったとしたら猶更です。
奥様がいずれ苦労することになりますよ。

司法書士
Cさん

どうしたら、妻に苦労をかけずに済みますか。

もし、ご兄弟側に遺産を遺すお気持ちがないようでしたら、奥様に全て相続させる旨の遺言書を作ることをお勧めします。
ご兄弟にはそもそも「遺留分」がありませんので、遺留分を請求されることもありません。
≫≫遺言書についてはコチラ

司法書士

-相続の基礎知識